2017/07/14 07:11
バレンタインの日にトムは私に一緒にディナーをするように頼みました。
トムは、迎えに来るときに、私の9歳と11歳の娘も家にいるようにと、念を押しました。
トムは到着すると私たち3人をソファーへ導きました。そしてポケットから3つの小さな
箱をとり出しました。ひとつはダイヤの結婚指輪で、あとのふたつは真中に小さな
ダイヤがついたハート型の指輪でした。
トムは私たち3人にプロポーズしたのです。言うまでもなく、私はOKをしました。

4人は30年たった今も結婚しています。

関連記事
2017/07/13 07:12
そのジュース、ここから飲ませて!


関連記事
2017/07/13 07:11
06年のトリノ五輪の閉会式でパバロッティが熱唱したアリア「誰も寝てはならぬ」
は事前に準備された録音だった、すなわち口パクだったことを当時のオーケストラの
指揮者が明かにしました。
パバロッティの口パクは許せる。なにしろ、あの血管も切れそうな歌い方だもの。
すい臓がんから復帰したばかりで、「その場で歌うのは危険すぎる」と判断したとか。
許せないのはオーケストラです。オーケストラも演奏するフリをする演パクだったとのこと。
演目が「誰も寝てはならぬ」なのに、聞いていた世界中の人は全員寝てたらしい。
誰も気づかなかったのだから。(笑)

関連記事
2017/07/12 07:12
これならスイカや野菜泥棒も防げそう。



関連記事
2017/07/12 07:11
若いカップルは結婚することにした。
ふたりには互いに言えない悩みがあり、式が近づくにつれて、心配になった。
未来の花婿の方は不安になったので父親に相談した。
「父さん、ボク結婚がうまくいくかどうか心配なんだ」
「彼女を愛してるんだろ?」
「ああ、それはとても。でもね、ボクとても足が臭いだろ。彼女に嫌われるかも」
「問題ないよ。しょっちゅう足を洗って、ベッドのなかでもソックスをはいてればいいんだよ」
彼はなんとかやれそうな気がした。
未来の花嫁も、心配事が気になって母親に相談することにした。
「母さん、私、朝起きると口がすごく臭うの」
「誰だって朝は口が臭うものなのよ」
「わかってないのね。朝の私の口の臭さは最悪なの。きっと彼は私と同じ部屋で寝てくれないわ」
「朝すぐ起きて、キッチンにいき、朝食を作るの。そして洗面所で歯を磨くの。大事なことは歯を
磨くまでは一言も口をきいちゃいけないってこと」
「『おはよう』も言っちゃいけないの?」
「ええ、一言もね」
彼女はやってみる価値がありそうだと感じた。
愛し合うふたりは結婚し、アドバイス通りに、彼はソックスをはき、彼女は朝の沈黙を守り、
半年くらいはお互いにうまくやってきた。
ところがある朝、夜明け前に彼が目覚めると、片方のソックスが脱げているのに気がついた。
大変なことになったと思いながら、彼は必死にベッドのなかを探した。当然、彼女は眼を覚ま
し、「一体、何してるのよ」と思わず口をきいてしまった。

「なんてこった」と彼は言った。「キミ、ボクのソックスを飲み込んだね」

関連記事
2017/07/11 07:12
アメリカでは誰でも「The floor is lava!(フロアは溶岩です!)」と声を
かけられたら急いで物や高い場所に飛び乗ったりしなければ
いけないゲームです。


関連記事
2017/07/11 07:11
夫は、オフィスに模様替えした元スーパーマーケットで働いている。
ある日夫は、受付係が客に電話で道案内をしているのを聞いた。

「あのスーパーを覚えてます? 肉売り場が私どもの部署です」

関連記事
2017/07/10 07:12
これどうやってるの?



これも分からん

関連記事
2017/07/10 07:11
地元の牧師と助手が道端で看板をもって立っている。
「終末は近い。手遅れにならぬうちに方向転換せよ」
通りかかったクルマのドライバーは「オレは宗教嫌いなんだ。
ほっといてくれ!」と怒鳴りながら通り過ぎて行った。
数秒後、キーというブレーキの音と、ドボンという音が・・。
助手は牧師に言った。

「やっぱりこっちの看板、『橋が流されている。注意!』を使うべきでしょうか」

関連記事
2017/07/09 07:12
動画主の話、
「ある日、家に野良ネコがやってきて私に助けを乞いました。
大きなケガを負っていてすぐ獣医に連れて行きました。
骨折はなかったけれど感染症がひどく二日間入院し、
三日目に迎えに行きました。野良生活に慣れているせいか
私の家に入ろうとせず庭で生活しています。
左足を使えなかったのですが、今では何とか歩いています」



ダイバーに助けを求めるイルカ

関連記事
2017/07/09 07:11
友人を招いて富士山を眺めながら食事をしました。
いつも感動をもらっている富士、今日はチト違いました。
雲が多くて動きも速くまあいろんな顔を見せてくれました。
逆さ富士になったり、おっぱいの形になったり、まるで
笑わせようと骨折ってるみたいで友人と大笑い。

sakasafuji_20170709063853eec.jpg

関連記事
2017/07/08 07:12
ネコってツンデレなんですね。(笑)

関連記事
2017/07/08 07:11
仲間の医師が看護婦の私にこう言った。
「さっき渡した死亡診断書を書き直したいんだけど」
「書き間違えたんですか」と私。
「すこし恥ずかしいんだが」と医師は私を脇に呼んで囁いた。
「書くとき慌てていたもんだから、死亡の原因欄に自分の名前を
書いてしまったんだ」

関連記事
2017/07/07 07:12
ボートに余裕をもって迫ってきます。




私が撮ったオルカ

関連記事
2017/07/07 07:11
私はウエイトレスとして、ある時テーブルを回っていました。
ある母親が、
「サラダのドレッシングをもっとください(May I have some more dressing for my salad?)」 と
頼みました。
私が、「他には?」って尋ねると、母親のそばにいた小さな女の子が「プリーズ(Please)」
って言いました。私はその子の家庭を想像して微笑ましくなりました。

始終、母親に言われてたんですね、頼み事には必ず「プリーズ」を忘れないでって。

関連記事
2017/07/06 07:12
ウチの室外機も草地に面してるので他人ごとではない。
怖え~。


関連記事
2017/07/06 07:11
初めてのデートを終えて、少年は彼女を家に送って行った。
夜の闇にまぎれて、少年はファースト・キスをしようと決めた。
自信ありげに、壁にもたれて微笑んで彼女に言った。
「お休みのキスは?」
「バカね。私の両親が見てるかも」
「こんな時間に誰が見ているもんか」
「イヤ。誰かに見られているわよ」
「誰も見てやしないよ。みんな寝てるさ」
「ダメ。危険すぎるわ」
「キミが好きなんだ」
「私だって好きだけど、今はイヤ」
そのとき、突然電灯がパっとつき、彼女の姉がパジャマ姿で、
頭ボサボサであらわれ、眠そうな声で言った。
「パパが言ってるわよ。彼に早くキスしてやれって。イヤなら私が
キスしろって。必要ならパパがキスしてもいいって。だから
お願いだから彼に頼んで背中でインターフォンを押しっぱなしに
するのはやめてくれないかって」

関連記事
2017/07/05 07:12
まるでコント。(笑)



こちらも間抜け

関連記事
2017/07/05 07:11
父親が息子に尋ねた。
「グレッグ、パパはダメパパかな?」
「ボクはアンドリューだよ」

関連記事
2017/07/04 07:12
「もう帰るよ」
「もっと遊びたい!」



家に戻りたくないワンちゃん

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる