2009/09/19 07:17
クリントン大統領夫妻がアーカンソー州を訪れた時のジョークだそうです。
夫妻が給油のために立ち寄ったガソリンスタンドの店主は、夫人のかつての
ボーイフレンドであった。
再会を喜んでいる夫人を大統領が冷やかした。
「あの男と結婚していたら、今ごろはキミは給油の手伝いをしていただろう」
夫人が応じた。
「あなたは何も分かってないのね。私があの男と結婚していたら、合衆国の大統領は
あの男になっているのに」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる