2018/02/26 07:11
ある男がスペインのトレドに旅行し、闘牛見物の後一軒のレストランのそばを通りかかった。
店の看板に闘牛で負けた牛の睾丸を料理に出すというメニューがあった。
興味をそそられた男が店内に入ると、その料理は人気があって6週間待ちだと告げられた。
そこで彼は予約し6週間後にその店に戻ってきた。
料理がきた時2つのとても小さい睾丸が皿にのっていた。
男はウェイターを呼びつけた。
「前にこの店で見た料理の睾丸はもっともっと大きかったよ。6週間も待ったのに何これ」

「お客様」とウェイターは微笑んで言った。「牛がいつも負けるとは限らないんですよ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる