2017/06/02 07:11
ある日、若者が銀行の私の窓口にやってきて、囁き声で言った。
「この100ドルを私の普通預金口座に入れてください」
私は手続きを終え、預金通帳を彼に渡し、囁き声で返した。
「ありがとうございます」
彼は立ち去ろうとしたが、また戻ってきて言った。
「囁き声ですみません。金があることをクルマに知られると、アイツまた故障してしまうんです」
若者は唇に指をあて、そっと出て行った。

*私(エリアンダー)の前のパソコン、
画面の下半分が暗くなったり、ちらついたり。
そろそろ買い替えかなと思って、ネットのパソショップをのぞいていたら、
私のパソコン、それに気づいたんですね、きっと。
とたんに、画面の調子がよくなりました。(笑)

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる