2017/04/05 07:11
詩人のエリザベス・モ口-は、ある日銀行家のJ・Pモルガンをお茶に招いた。
モルガンの巨大な鼻は、その巨万の冨と同じくらい有名だつた。エリザベスは、
ぜったいに「鼻」という言葉を口にしてはいけないと、娘たちに厳しく言いわたした。
特に妹娘のアンが気がかりだった(アンはのちにチャールズ・リンドバーグと結婚し、
ベストセラー『海からの贈りもの』を書いた)。アンは思ったままを口に出すからだ。
娘たちの紹介もそこそこに部屋から出したエリザベスは、ようやくほっと息をついて
モルガンに言った。

「モルガンさん。お鼻に入れるのはミルクにしますか。それともレモン?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる