2017/04/01 07:11
ジャック・ベニーとジョージ・バーンズはコメディの世界で若いころから親しくなり、
その友情はベニーがなくなるまで続いた。
ある日、2人はハリウッドのレストランで昼食をとっていた。
ベニーはパンにバターをつけるかどうかを思案していた。
「パンにバターをつけるのが好きなんだが、ダイエットによくないんだ。妻に電話して
訊いてみるべきかな?」
バーンは反論した。
「キミは大のオトナなんだよ。バターをつけるかどうかを妻に相談するなんておかしいよ」
「そうだな。じゃあバターをつけることにするよ」
ウェイターが勘定書きをもってきたとき、バーンズはベニーを指差し「彼が払うから」と言った。
「何だって? なんでボクが全部払わなきゃいけないんだ?」とベニー。

「払わないと、奥さんにバターのこといいつけるよ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる