2017/02/04 07:11
男が高級ゴルフクラブで、まさにティーから打とうとしたときに、
カートがそばに来て、ふたりの男が降りて、彼に書いたものを見せた。
「ボクらは聾唖者。追い越してプレーしていいですか?」
男は「ダメだ!」といい、ティーから打った。
しばらくして男がグリーンでパットしようとすると、どこからかボールが飛んできて、
もうすこしで頭に当たりそうになった。
「なんだ、危ないじゃないか!」と彼は叫んだ。
さっきの聾唖の男たちがカートでやってきて、また書いたものをみせた。

「球がそっちへ行くぞ、気をつけて!」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる