2016/12/18 07:11
4歳の少年がクリスマスの夕食の前に感謝のお祈りをするように求められた。
少年は祈り始めた・・・。すべてを神に感謝した。まず友だち(ひとりひとり名前をあげて)、
それから母、父、兄、姉、妹、おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さん・・・。
ついで、食べ物も。七面鳥、ソース、フルーツサラダ、じゃがいも、パン、バター、飲み物・・・。
つぎに、デザート、パイ、おまけにホイップクリームにも。
それから少年は黙り込んだ。家族は待った・・・待った・・・待った。
とうとう母親が「もうひとつあるでしょ。忘れずに続けなさい」と言った。
少年は小さな声でささやくように言った。

「ブロッコリーにも」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる