2017/01/01 07:11
南極探検隊の昭和基地第1次南極越冬隊でのエピソードです。
昭和47年元日、隊員に家族からの電報が届けられ、和気藹々、喜びのなか、
ひとりひとりが自分に宛てられた電報を読んで披露しました。
ある隊員の番になり、新婚の奥さんからの電報を読み始めました。
ところが隊員は声にならず嗚咽がもれてきました。
周囲では訃報でもあったのかとざわめきました。
電文にはたった一言、「アナタ」と書いてあったのです。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる