2016/11/22 07:11
私が教育実習をしていたときのことです。授業中は生徒を教室から出してはいけない、と
学校当局から言われていました。6年生の授業中、女生徒が私の机のところにやってきて
言いました。
「2年生の弟のところに行って、帰ったら、おやつはピーナツバターを食べなさいって
言わなきゃいけないんです」
私は断固として言いました。「あなたの弟が何を食べるかなんてことは教室からでるほど
に大事なことじゃないでしょ!」
女生徒は話を続けました。
「いえ、これは大事なことなんです。弟に言っておかないと、弟はおやつにピーナツバターじゃなく、
ママがパパの夕食のために取っておいたロースト・ビーフを食べてしまいます。すると家に
帰ってきたパパはオレの夕食の支度ができないんなら仕事なんかやめてしまえと言うと
思います。仕事を見つけたばかりのママは、パパに、いやらしい亭主関白ね、
そんなときは外で食べてきてよって言うわ。パパは怒って外にでて夜遅くまで
飲んで帰ってこないわ。ママは離婚したいって言いだすし、またおばあちゃんの家に
泊まりに行っちゃうんです・・・」

もちろん、私はすぐに教室を出る許可を与えました。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる