2016/11/18 07:11
仲間のピアノ調律師が病気だったので、私は、女子学生寮の
ピアノの調律の仕事を代わりに引き受けた。
私が仕事をしている間、何人もの女の子が裸同然の格好で部屋を歩き回っていた。
最後に若い女性がやはりほとんど裸で勘定を支払いにやってきた。
私が領収証を書いていると、彼女は突然当惑した表情をして、
それから、大声で悲鳴をあげた。
「この人、いつもの人じゃない!」
私の仲間は盲目なのである。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる