2016/11/17 07:11
まだアイスクリーム・サンデーが安かったころのお話。
10歳の少年がホテルのコーヒーショップに入って坐った。
ウェイトレスが少年の前に一杯の水を持ってきた。
「アイスクリーム・サンデーはいくらですか?」と少年は尋ねた。
「50セントです」とウェイトレスが答えると、少年はポケットから手を出し、
持っているお金を数えた。
「じゃあ、アイスクリームだけならいくらですか?」と少年。
店が混みあってきて、ウェイトレスはいらいらし、
「35セントよ」とつっけんどんに答えた。
少年はまたお金を数え始めた。
「じゃあ、アイスクリームだけをください」
ウェイトレスはアイスクリームをもってきて、ポンと置いていった。
少年は食べ終えて、レジで支払って出て行った。
ウェイトレスが戻ってきて、テーブルを拭こうとしたとき、彼女は泣き始めた。

食べ終わった皿の脇にきちんと15セントがチップとして置かれていた。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる