2016/11/06 07:11
ある晩、女性同士でナイトクラブに繰り出した。
でも席は若者たちでいっぱい。
40代の私たちは、たしかにトシだし、「名誉ある撤退」をしようとしたとき、
背の高いハンサムな男性が近づいてきた。
「帰るなんて、ちと急ぎすぎたかな」と私が思っていると、
その男性は私たちの一人に手を差し出して言った。
「覚えてます? ボクの3年生のときの担任だったでしょ」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる