2016/05/23 07:11
赤ちゃんのカメが高い木の根元で深いため息をついてから
木に登り始めた。一時間後に高い木の枝に達し、木の端まで
歩いて行った。そこで手足をひろげてジャンプした。
木の下には葉っぱが敷き詰めてあってショックもなく着地した。
カメは木の根元でまたため息をついて木に登りまたジャンプをした。
数回こんなジャンプを繰り返すのを見て鳥がもう一羽の鳥に言った。
「あなた、そろそろ彼に、実は養子だって言うべき時が来たと思わない?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる