2016/03/25 07:11
以前通っていた短歌教室でのこと。
まだ若い奥さんが「亡き夫をしのぶ歌」をいくつか発表された。
どの歌も、赤裸々で真情にあふれ講評する先生も、教室のメンバーも
絶賛していた。
教室が終わってから、
「お若いのに大変でしたね」
とお声を掛けると、
「実は、主人はまだピンピンしていますねん。
この間、大げんかして 『死んだらええのに』
と思って作った歌が、あんなにほめられるや
なんて、もう教室へいけませんわ」
「……」
(津市・乱れ髪 36歳)

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる