2015/06/27 07:11
わが社の新聞の死亡記事編集者は、容易に誤りを認めるような人ではなかった。
ある日、怒った読者が彼に電話をかけてきて、自分の名前が死亡欄に出ていると不満を言った。
「本当に?」と編集者は静かに聞いた。
「で、あなたはどこから電話しているんですか?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる