2014/07/28 07:11
グリーンバーグ氏は文盲の移民だったが、よく働き、金を貯め、ついには
家族を呼び寄せることができた。仕事が忙しくて、字を学ぶ時間がなく、
彼は自分のサインに「XX」を使ったが、銀行はまったく問題にしなかった。
彼はさらに事業を拡大し、子供たちを私立の学校に転校させ、豪邸に移り住んだ。
ある日、銀行のスミス氏から連絡があり、グリーンバーグ氏は銀行に立ち寄った。
「何か問題でもあったの?」グリーンバーグ氏は心配して尋ねた。
「問題はないんですが、最近の小切手のサインがXXではなく、XXXになっていますが・・・」
グリーンバーグ氏はちょっときまり悪そうに言った。

「妻が言うもんですから。もう上流階級になったのだから、ミドルネームを使いなさいって」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる