2012/08/21 07:11
仕事中の女性が、家で子供が高熱を出しているとの電話を受けた。
彼女はすぐ仕事をやめ薬局に寄った。彼女は車に戻ってきて、
キーを車の中に入れたままロックしていることに気がついた。
早く家に帰らなくてはならないし、どうしたらいいのか分からなくなり、
家のベビーシッターに電話をした。子供の病気はもっとひどくなっていた。
ベビーシッターは言った。「針金のハンガーがあれば車を開けられますよ」
女性は路上で何とかハンガーを見つけたが、どうやって車を開けるのかまったく分からなかった。
彼女はとうとう頭を下げ、神に助けてくれと祈った。
すると、みすぼらしく、汚らしい髭もじゃで、トサカ頭の男の運転する一台の古ぼけた車が
彼女のそばに止まった。彼女は思った。「神よ、これがあなたが遣わした助けですか?」
でも彼女はともかくも感謝した。
男は車から降り、どうしたのかと尋ねた。
「娘が病気で家に帰らなくちゃならないのに車をロックしてしまったの。
このハンガーで車を開けてくださらない?」
「いいよ」と彼は言い、いとも簡単に車を開けた。
「どうもありがとう・・・すばらしい方だわ」
「奥さん、わたしゃそんないいもんじゃないよ。この間まで車の窃盗で刑務所に入ってたんだ」
彼女は男を抱きしめ大声で叫んだ・・・。

「神よ、あなたはプロフェッショナルを遣わしてくれたんですね!」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる