2011/08/29 07:11
エミリー・ブロンテは忠実なブルドッグのキーパーをとても可愛がった。
1884年12月にエミリーは「嵐が丘」の不評に打ちのめされ、風邪をこじらせた
結核で亡くなった。
エミリーの葬式ではキーパーが先頭で、その後を家族(父、シャーロット、アン)が従った。
キーパーは威厳をもって歩き会葬者たちを驚かせた。
教会では木製のイスにひとり坐り牧師の説教の間みじろぎもしなかった。
会葬者たちが家(牧師館)にもどりお茶を飲んでいると、2階から悲痛な
泣き声が聞こえてきた。
牧師のニコルズが飛び上がって2階に駆け上がった。キーパーだった。
キーパーはエミリーの部屋の前に横たわり、数分毎に悲痛な唸り声をだしていたのだった。
それは数週間も続いたという。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる