2011/07/29 07:11
ボブはある午後、夕食の料理が何かを知りたくて妻に電話をした。
「もしもし?」と小さな女の子の声がした。
「パパだよ」ボブは言った。「ママはいるかい?」
「ママはフランクおじさんと2階の寝室にいるわ」
ちょっとした間隔をおいて、ボブは言った。
「フランクおじさん? 君におじさんなんていないよ」
「いるわよ。ママと2階の寝室にいるの」
「わかったよ。じゃあ、ちょっとやって欲しいことがあるんだ。
電話をおいて、2階に行って寝室のドアをノックして、
ママとフランクおじさんに、家の外にパパの車が今とまったと叫ぶんだ。
「わかったわ、パパ」
2、3分して、少女が戻ってきて言った。「パパがいったとおりに言ったわよ」
「どうなった?」
「ええとね、ママは裸のままベッドから飛び起きて、
どうしようって言いながら、よろけて前の窓から落ちて死んだわ」
「なんてことを。それでフランクおじさんは?」
「おじさんも裸で飛び起きて、おびえて後ろの窓からプールに
飛び込んだの。でも先週パパがプールの水を抜いてあったでしょう。
それでおじさんはプールの底で頭を打って、今死んじゃったわ」
長い沈黙のあと、ボブは言った。

「プールだって? そちらの番号は5255の7039?」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる