2010/06/25 07:11
ある会社が窓に広告を出した。
「事務員募集。タイプができること。コンピュータに熟達していること。
バイリンガルであること。この会社は雇用機会均等法を遵守しています」
程なくして、一匹の犬が窓の広告を見ると、中に入っていった。
犬は受付担当を見てしっぽを振り、広告のところまで行くと鼻を鳴らした。
犬が何を考えているか分かった受付担当が事務所のマネージャーを呼んだ。
このマネージャーは犬を見ると驚いたが、犬の決心が固そうだったので、
事務所の中に招き入れた。中に入ると犬は椅子の上に飛び上がりマネージャーを
じっと見つめた。マネージャーが言った
「お前を雇うことはできない。広告に書いてあっただろ、タイプができなきゃ駄目だって」
犬は椅子から飛び降り、タイプライターの所へ行くと完璧に打ち始めた。
そして、紙に打ち出しすと、マネージャーのところへ駆け寄り紙を渡し、
また椅子に戻った。マネージャーは驚いてしまったが、犬には、こう言った
「コンピュータも使えなきゃダメだって書いてあったろう?」
犬はまた飛び降りるとコンピュータへ向かった。そして今まで動かしたこと
がないプログラムをセットするや、これも完璧に実行した。この頃にはマネージャーも
唖然としていた。
しかし彼は、犬にこう言った、
「お前が賢いのはよくわかかった。高い能力を持っていることもな。
でもやっぱり雇うことはできない」
犬は椅子から飛び降りて広告の所へ行き、『この会社は雇用機会均等法を遵守しています』と
書かれている文章を指した。
それに対してマネージャーが答えた
「そりゃそうだが、『バイリンガルであること』とも書いてあるぞ」
すると犬はマネージャーを平然と見つめて言った.

「ニャー」

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる