2016/11/30 07:12
これって、線路を囲んで家を作ったのかあるいは後から
電車が通るようになったのか。
高架だけに騒音も揺れもひどいでしょう。(笑)


関連記事
2016/11/30 07:11
不潔恐怖のわが妻、私が会社から帰ると除菌スプレーをかけてからでないと家に
入れてくれない。トイレも独断でウォッシュレットに変えてしまった。
デカプリオやブラピ、確かにきれいだけど、アメリカではウォッシュレットなど普及してないので、
お尻だけはもう、私の方がずっときれいです、たぶん。

関連記事
2016/11/29 07:12
触手が恐ろしい。


関連記事
2016/11/29 07:11
ある夫婦が買い物中にはぐれてしまった。
「いま、どこ?」妻が携帯で尋ねた。
「覚えてないかい? ほら、結婚したてのとき君がほしがってたきれいな
指輪があった店。その時は買えなかったけど」
「ええ、覚えてるわ!!!」
彼が言おうとしていることに興奮して目から涙があふれた。
「よかった。その店の向かいのスポーツ店にいるよ」

関連記事
2016/11/28 07:12
ママに叱られるお姉ちゃんを敢然と守る妹がかわいい。

関連記事
2016/11/28 07:11
1. 未来についての最も良いと思うことは、それがいつも明日始まることである。
2. お金を出せばいい犬を買えるが、親切だけが犬にしっぽを振らせることができる。
3. あなたにユーモアのセンスがないならば、あなたにはたぶんどんなセンスも全くない。
4. 暗闇を恐れている子供が、一晩中外出したいティーンエイジャーになるのにそれほど
時間がかからない。
5. ビジネス会議は重要である。会社が彼らなしで十分やれることを教えてくれるから。
6. 同窓会で、自分が他のみんなより若いと感じるのはなぜ?
7. 犬を掻いてやりなさい。そうすれば、あなたは永久的な仕事を見つけるであろう。
8.. 午前4時に間違い電話で起こされるより悪いことがある。
それが間違い電話じゃなかったとき。
9.自分のチームが勝っている時には、誰も決して、「たかがゲームじゃないか」と言わない。
10. 私は、幸せな時間が昼寝である年齢に達した。
11. あなたは、約40年もたつと、タトゥーをして、うろうろしている多数の老婦人を
みることになることに気がつくか?
12. お金は幸福を買うことができない。けれども、なぜか、ユーゴ(低価格自動車)の中で
泣くより、コルベットの中で泣く方がなぐさめとなる。
13. ある年齢になって、すべての関節が痛いのに目覚めないないならば、あなたは
たぶん死んでいる。

関連記事
2016/11/27 07:12
この壮大で華麗な第1楽章のテーマは繰り返されることもなく、ほとんど3分で
終わってしまい、後はなにをしたらいいのか? という人もいます(笑)。
しかし、このテーマの旋律は、限りなく強く美しく甘く、あらゆるクラシックの中で、
私のもっとも好きなもののひとつです



関連記事
2016/11/27 07:11
飼い始めてかれこれ20年はたつ実家の金魚は、人が近づくと必死に餌をねだる。
世話をしている86歳の父に「ちゃんと餌やってるの?」と尋ねたら、
「あいつもトシやから、餌を食べたことも忘れてしまうんやろ」
そういうお父さんこそ、やってないこと忘れてるんじゃ……。
(福井市・自分のご飯は忘れないでね・53歳)

関連記事
2016/11/26 07:12
結婚式で結婚相手の娘にプロポーズする新郎。
「これからずっとボクの娘になってくれるかい?」


関連記事
2016/11/26 07:11
ある日、私は1年生のクラスで、「三匹の小さな子豚」を読み聞かせていた。
子豚が自分の家をつくるための材料を集める場面にきた。
「・・・そして、子豚が麦わらをいっぱい積んだ男の人のところに行って、
すみませんが家を建てるためのわらを分けてもらえませんか、と頼みました・・・」
私は、読むのをやめて生徒たちに尋ねた。「男の人は何て答えたでしょう?」
男の子が手をあげた。
「こりゃ驚いた、お前、人間の言葉を話せるのか?」

私は、笑いすぎて10分間は授業を続けられなかった。

関連記事
2016/11/25 07:12
隣のオウムの面白くもないといった表情!(笑)


関連記事
2016/11/25 07:11
礼儀正しい日本人の男が、アメリカのバスの中で体を震わせていた。
隣に座っていたアメリカ人の男が気になって理由を聞いた。
日本人の男「お腹の調子が悪いから、仕方なくオナラをしているのです」
アメリカ人はますます分からなくなり、それは体の震えとどういう関係が
あるのかと聞いた。
すると、日本人は声を低くして答えた。

「なぜなら、今バスの中にいるので、マナーモードに設定しているのです」

関連記事
2016/11/24 07:12
9歳の少年のとっさの行動が赤ちゃんを救った。


関連記事
2016/11/24 07:11
妻が3日間も口をきいてくれない。
たぶん日曜の夜のことをまだ怒っているのだろう。
その夜、階下で物音がしたので、妻は私をゆすって囁いた。
「起きて! ちょっと起きてよ!」
「どうしたんだ」と尋ねると、
「キッチンに泥棒がいるわよ。私がつくったロール・キャベツを食べてるかも」と妻。
私は答えた。
「食べさせて思い知らせてやれ!」           

関連記事
2016/11/23 07:12
無事に救助されたそうです。


関連記事
2016/11/23 07:11
敵と一緒に寝るという戦争がただひとつだけある。・・・結婚である。

関連記事
2016/11/22 07:12
予想通りの展開です。まるでコント。


関連記事
2016/11/22 07:11
私が教育実習をしていたときのことです。授業中は生徒を教室から出してはいけない、と
学校当局から言われていました。6年生の授業中、女生徒が私の机のところにやってきて
言いました。
「2年生の弟のところに行って、帰ったら、おやつはピーナツバターを食べなさいって
言わなきゃいけないんです」
私は断固として言いました。「あなたの弟が何を食べるかなんてことは教室からでるほど
に大事なことじゃないでしょ!」
女生徒は話を続けました。
「いえ、これは大事なことなんです。弟に言っておかないと、弟はおやつにピーナツバターじゃなく、
ママがパパの夕食のために取っておいたロースト・ビーフを食べてしまいます。すると家に
帰ってきたパパはオレの夕食の支度ができないんなら仕事なんかやめてしまえと言うと
思います。仕事を見つけたばかりのママは、パパに、いやらしい亭主関白ね、
そんなときは外で食べてきてよって言うわ。パパは怒って外にでて夜遅くまで
飲んで帰ってこないわ。ママは離婚したいって言いだすし、またおばあちゃんの家に
泊まりに行っちゃうんです・・・」

もちろん、私はすぐに教室を出る許可を与えました。

関連記事
2016/11/21 07:12
ワンちゃんも思わずやりたくなったのでしょう。


関連記事
2016/11/21 07:11
レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説「プレイバック」で、
私立探偵マーロウに恋心を抱いた女が、「もうあなたには会わないわ。
会いたくないわ。しじゅう会えるんじゃなければ、全然会わない方がいいわ」という
言葉を吐きます。
1000年前の日本でも清少納言が「枕草子(97段)」に,
「愛されるなら一番目じゃなければ、憎まれた方がいい。2番目、
3番目なら死んだ方がまし」などと書いてますね。

関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる