2016/07/31 07:12

関連記事
2016/07/31 07:11
息子「ママ、きょう先生がボクにもうすぐ学校に来るような兄弟はいるか、って尋ねたよ」
母親「あなたに興味もってくれてるのね。それで一人っ子だって言ったら先生は何って言った?」
息子「よかった、って」

関連記事
2016/07/30 07:12
動くガラクタ。タイヤもなくこれでよく走れる。


関連記事
2016/07/30 07:11
パーティーで、ある夫婦が若い女性に近づき、夫が話しかけた。
妻も興味をもってふたりのやりとりを見ている。
「どこかでお会いしました?」
「はじめてよ」
「タイムベック高校を出ました?」
「いいえ」
「家はキングストン?」
「いいえ」
「サットン図書館へは?」
「行ったことないわ」
「気になるなあ。モンテカルロで休暇は?」
「いいえ」
「でも確かに見覚えがある」
「人違いじゃないですか」
「お仕事は?」
「ストリッパーよ」
「ああ、やっぱり人違いだ」

関連記事
2016/07/29 07:12
実にけなげなネコです。(笑)




関連記事
2016/07/29 07:11
コメディアンのジョナサン・カッツのブラックジョークにこんなのがあるそうである。
「最近の統計では、銃による死亡者がクルマによる死亡者より上回っている。
この状態はずっと続くだろう。殺傷能力の高いクルマが発明されるまでは・・・」
ジョナサン・カッツのもうひとつのブラックジョーク。
「私の17歳の娘にはまだピルは早いと思っている。それで娘にはプラセボを渡すようにしている」

関連記事
2016/07/28 07:12
裕福そうな格好をした少女と汚れた服装をした少女に
社会の目は? ちょっと考えさせられる動画です。
演じた少女は辛くなって演技ができなくなり撮影中止となったとか。


関連記事
2016/07/28 07:11
私は最近パスワードを「huseidesu」に変えた。
パスワードを忘れたり入れ間違えると、パソコンが
「パスワードが不正です(huseidesu)」と教えてくれる。

関連記事
2016/07/27 07:12
まるで人生の縮図みたい。
左の方に最後まで同期されないで頑張ってたのに
結局まわりに流されてしまう。(笑)
このメトロノームの同期は台が左右にかすかに揺れるために
起きる現象らしい。


関連記事
2016/07/27 07:11
もしリタイアしたら、
人生を楽しむつもりだ。蓄えをどんどん使って。
さて二日目はどうしたらいいんだ。

関連記事
2016/07/26 07:12
うち棄て捨てられて渇きに苦しむイヌに女性が何度も
何度も両手で水を与える。女性の手の水が空になったとき、
イヌは女性の手に自分の手を添えます。女性は水の催促と
思ってもう一度水を与えようとします。でもイヌが手を出したのは
催促ではなく女性への感謝の意だったのです。
このワンちゃん、女性に保護されていまでは
幸せに暮らしているとか。


関連記事
2016/07/26 07:11
今は終わりではない。
これは終わりの始まりですらない。
しかしあるいは、始まりの終わりかもしれない。

Now this is not the end. It is not even the beginning of the end.
But it is, perhaps, the end of the beginning.

関連記事
2016/07/25 07:12
好きなTVの前で思わず体が動いてしまうワンちゃん


関連記事
2016/07/25 07:11
「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないということだ」
We learn from history that we do not learn from history.

関連記事
2016/07/24 07:12
憧れの選手に出会えて恍惚から号泣する子供たち。


関連記事
2016/07/24 07:11
三人の男たちには非常に楽天的なジョーという友人がいた。
何か悪いことがおきてもジョーはいつも「まだ、ましな方だよ」と言うのだった。
男たちはジョーのそんな性格をよく思っていなかったので、あるとき恐ろしい計略を
仕掛けて、ジョーが楽天的な物言いができないようにしようとした。
次の日ふたりの男がゴルフにやってくると、ジョーが尋ねた。
ジョー 「ゲイリーは?」
男たち「聞いてないのか? きのう、ゲイリーは奥さんが他の男といるのをみつけて、
ふたりとも射殺し、自分自身をも撃ってしまったんだ」
ジョー 「まだ、ましな方だよ」
男たち「ましだって!!! 親友が自殺したんだぜ」

ジョー 「二日前だったらボクが死んでた」

関連記事
2016/07/23 07:12
見ていて飽きない物の製造過程


関連記事
2016/07/23 07:11
有名中学進学をめざす小学生は塾に通う。
塾では小学4年生なら5年生(5年生なら6年の)の算数の教科を
早めにマスターしなければならない。マスターするのはそれだけではない。
旅人算、時計算、ニュートン算、・・・・何とか算という中学入試専用の
算数問題も徐々にマスターしていかなくてはならない。この算数問題は
教科書には載っていなくて学校の先生も教えることはない。
塾のテキストや中学受験用の参考書にのみ載っている。
そのためこの問題を解けるのは塾生と塾の先生だけである。
学校の先生にこの問題をやらせてみたら60点ぐらいしか取れなかった
という笑えない話もある。独特の処理・解法を覚えなければ解けないのである。
「9時を過ぎてはじめて長針と短針が重なるのは約9時何分ですか?」
そんなもん分かるか!(笑)
塾の教え方:最初長針と短針は270°離れている。その距離を1分間に
5.5°ずつ近づいていくから、270を5.5で割れば約49分。
答えは約9時49分。塾生なら時計算は特殊な問題以外はすべて5.5で
割ることがデフォルト。
この「5.5」みたいな武器を塾生はたくさん持っていて普通の小学生や親や
学校の先生は太刀打ちできない。
塾生は小さいながらも無敵の小学生なのである。

関連記事
2016/07/22 07:12
しかし豪胆な店員です。


関連記事
2016/07/22 07:11
バーバーの「弦楽のためのアダージョ」はすすり泣きを思わせる、美しく叙情的で
悲しい曲で、欧米ではケネディ大統領をはじめ要人の葬儀のときによく演奏されました。
バーバー自身はこの曲が葬儀に使われることを嫌っていましたが、皮肉なことに
彼の葬儀にもこの曲が流されました。

「弦楽のためのアダージョ(adagio for strings)」は映画「プラトーン」のテーマ
使われていました。


関連記事

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる