2017/07/24 07:11
正式の看護婦になるために孫娘のケイが病院の分娩室で実習を受けた時のこと。
ケイははじめての分娩実習を終えてもまだ興奮で体を震わせていました。
部屋をでるとき、お医者さんや看護婦さんがなぜ笑っているのか不思議でした。
看護婦の一人がケイに笑いながら尋ねました。
「あなた、分娩室で何をしたか覚えてる?」
「いいえ」

「赤ちゃんが出てきたとき、あなたは拍手をしたのよ」

2017/07/20 07:11
数か月前、娘と私はウィルス感染にかかったようでふたりして体調を崩した。
仕事を長く休めないので、娘は医者に診てもらうことにした。
「私が先に診てもらえば、私たち、どこが悪いのか分かると思うわ」
昼過ぎ病院から娘が電話してきた。

「ママ、なんの病気だったと思う? 私たち妊娠みたいよ」

2017/07/08 07:11
仲間の医師が看護婦の私にこう言った。
「さっき渡した死亡診断書を書き直したいんだけど」
「書き間違えたんですか」と私。
「すこし恥ずかしいんだが」と医師は私を脇に呼んで囁いた。
「書くとき慌てていたもんだから、死亡の原因欄に自分の名前を
書いてしまったんだ」

2017/05/16 07:11
男は請求書が高すぎたので歯医者に電話した。
「いつもの3倍も高いのですが・・・」
「ええ、分かってます。治療中にあなたが大声で喚いたので
患者ふたりが逃げ帰ったもので」

2017/04/25 07:11
三遊亭圓歌さんが亡くなりました。
噺「中沢家の人々」は爆笑物で、とくにこの部分が
好きでしたね。

「歌奴から圓歌になってしばらくして、オレ仏門に入ったんだ。
けっこう年くってたし、お経を唱えながら水垢離するんだけど、
これがストレスになったんだね、きっと。心筋梗塞をおこしてね。
そのまま東京女子医大病院に入院させられたよ。
オレぐらいのもんだよ、寺から病院にいったのは。
普通は病院から寺行くんだから」

2017/03/31 07:11
ドクター・ブルームは関節炎の治療で奇跡の治療を施すことで有名で、
その待合室はいつも患者でいっぱいだった。
完全に体を半分に曲げ杖をついた老婦人が足をひきずりながら待合室に入ってきた。
老婦人の番になって、診察室に入っていったが、驚くことに30分もすると、頭をしっかり上げ、
完全に腰を伸ばして歩いて診察室から出てきた。
この様子を見ていた女性が老婦人に声をかけた。
「奇跡だわ!あんなに体を曲げてたのに、今はちゃんと起きている。ドクターは
どんな治療をしたの?」
老婦人いわく、

「奇跡というほどのことではないの。長い杖をくれたの」

2017/03/03 07:11
私の病院で出産して一年以上もたってから支払いにきた女性がいる。
支払いが遅れた理由をくどくど述べている間、ウチの受付係は領収書を書いていた。
そして、それを手渡しながらなんとこう言ったのである。

「おめでとうございます。これで赤ちゃんはあなたのものですよ」

2017/02/06 07:11
医者「あなたは健康だ。80歳まで生きられますよ」
患者「でも先生。私、いま80歳ですが」
医者「ほらね、言ったとおりでしょ」

2017/01/11 07:11
婦人が病院の予約時間より20分前に着いたのに、一時間半も待合室で待たされた。
他の患者が次々診察室に入っていくのをみて、とうとう彼女は受付に皮肉たっぷりに言った。

「教えてくださらない? 私の予約は午後一時、それとも午前一時だったかしら?」

2017/01/03 07:11
あなたが、今禁煙すれば体に何が起こるか?
私は、禁煙が難しい主要な理由の1つは、禁煙の利点と禁煙の危険が身近に感じられない
からだと思う。それで、禁煙すればどんなにいい影響があるかを、時間を追って列記してみよう。
20分で、血圧は正常まで下がる。
8時間で、血流の一酸化炭素レベルは半分に落ち、酸素レベルは正常に戻る。
48時間で、心臓発作を起こすチャンスは減少し、すべてのニコチンは体から
一掃され、味と嗅覚は正常なレベルに戻る。
72時間で、気管支は回復し、呼吸機能レベルは上がる。
2週間で、循環は増大し、それは、次の10週間改善し続ける。
3から9ヶ月の間に肺活量が10%改善し、咳や、ぜいぜいも減少する。
1年で、心臓発作を起こすリスクは半分に低下する。
5年で、卒中のリスクは非喫煙者と同等になる。
10年で、肺ガンのリスクは非喫煙者と同等になる。
15年で、心臓発作のリスクは非喫煙者と同等になる。
従って、タバコを吸えないでいらいらするより、こんないいことがあると
考えればいいんです。

2016/12/30 07:11
精神病院を訪ねた記者が医者に尋ねた。
「病気がよくなったかどうかどうやって判断するんですか?」
「バスタブを一杯に満たします。それからスプーンとコップとバケツを患者に渡して
バスタブを空にするように指示します」
「なるほど。バケツを使って空にすれば退院ってわけですな」

「いえ、普通の人ならバスタブの栓を抜くでしょう。あなた、窓際の病室がいいですか?」

2016/11/14 07:11
救急患者があまりに増えたので、私の病院では重い患者から診るという
システムをはじめた。しかし、それほど重症でない患者が診てもらえるまでに
数時間かかるという事態もおこり、患者の不満も聞かれるようになった。
外傷患者が多く、特に混みあったある日、救急隊員が我々のところにやってきて、
申し訳なさそうに言った。

「こんなこと言うのはなんなんですが・・・、たったいま、この待合室から119番電話がありまして」

2016/10/23 07:10
精神科医を受診した男が恐ろしい悪夢について語った。
「義母が、ヒモでつないだ、血に飢えたワニをつれて、私を追いかけてくるんです。
黄色い目をし、乾いたうろこのような肌、ボロボロの鋭い歯、悪臭がひどくて、
とても恐ろしいんです」
「そりゃ、怖かったでしょう」と精神科医は同情した。
男はすぐさま言った。

「ええ、でも待ってください、まだワニについて話してないので」

2016/09/25 07:11
医者「風邪ですからお風呂はやめて早めに休んでください」
患者「5日前には、先生は風邪だから風呂にでも入って寝なさい、って言いましたが」

医者「医学は絶えず進歩しているんです」

2016/09/20 07:11
医者「あなたは身長からすると体重が重すぎます。
   180センチの人の体重ですよ。どうにかせねば」
女性「無理、無理、無理。後25センチも身長を伸ばすのは」

2016/08/25 07:11
医者が看護婦に、

「山本さんのカルテをもってきてくれたまえ。第7巻だよ」

2016/08/24 07:11
私がイスに座ると、新任の医師は私のぶ厚いカルテに目を通しました。
20ページもあるカルテを読み終えると彼は私をまじまじと見て、こう言いました。

「こうやってご本人を拝見すると、カルテに書かれているほど悪くはないようですね」

2016/08/15 07:11
英国の62歳の男性が膵臓ガンで余命1年と告げられ、開き直った。
財産を売り払って大散財し、棺に入るときに着る服以外は無一文に
なったところで、「あれは誤診で、ただの炎症でした」と病院の説明。
男性は生きる望みを取り戻したものの、病院側に何らかの補償を求める構え。

前にこんなジョークも、
ある女性が歩いていると友人男性に会った。
「あなた、まだ元気そうね」
「ああ、ぴんぴんしてる」
「この前、胃ガンで余命いくばくもない、この世の思い出にボクと寝てくれって
言ったから、あなたと寝たのよ」

「うん、医者の誤診だったんだ」

2016/08/09 07:11
私は、丸一日アイスクリームを食べるのを我慢できたら
自分へのご褒美としてチョコチップ・クッキーを食べるようにしている。

2016/05/10 07:11
「ストレスと病気」というセミナーで、精神生物学者のニコラス・ホールが仕事のストレスに
対する対処法を挙げました。それを紹介します。
「とっととこの仕事をやれ。くそったれ!」などといわれた日などにはうってつけです。
仕事帰りに薬局に寄り、体温計のコーナーにいきます。
そして「Q-tip」社の直腸体温計を買ってください。「Q-tip」社製でなければいけません。
帰宅すると、ドアをロックし、カーテンを引き、電話を止め、この療法をする間は誰にも
邪魔されないようにしましょう。ジャージーのようなゆったりとした服に着替え、ベッドに
横たわります。体温計の包装をあけ、体温計を取り出し壊れないように注意して、
ベッドサイド・テーブルに置きます。
同封の文書を読んでください。そこには小さな文字でこう書かれています。
「当社の直腸体温計はひとつひとつ個人的に検査されています」
さあ、目を閉じて大きな声で5回言います。
「Q-tip社の品質管理部門で働いていなくてよかったなあ」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる