2018/02/17 07:11
先日、60ドルもするナイフを3回払いで購入した。
そのナイフには生涯保証がついていたので、柄がこわれたとき
ナイフと保証書を送り新品と交換を申し出た。
まもなく返事がきて、こう書かれていた。
「保証というのはナイフの生涯保証なのです。いうまでもなくこの
ナイフは死んでいますのでもはや保証は無効となります」

2018/02/16 07:11
兄の結婚式で親類が上京し、泊まりに来た。
朝食用の買い出しで食べたいものを聞いたら「バナナダイエット中」との
ことでバナナをたくさん買ってきた。
そういえば、父の古希祝いに去年来た時は納豆を買い占めたし、
私の結婚式の時は、たしか寒天持参で上京していた。
(東京都調布市・体形はずっと同じ気が・・・37歳)

2018/02/14 07:11
わが社の製品のクレジットカード機器は領収書の下に
「またのご利用を お待ちしております」と自動的に印刷することができる。
いつだったか男性が社に電話をかけてきて、その機能をオフにできるかと尋ねた。
「もちろん、できますとも。でもなぜ?」と訊くと、

「まずいんです。当社は葬儀屋なもんで」

2018/02/13 07:11
インドのある村に男がやってきてサルを一匹10ドルで買うと言った。
村人は総出で森にでかけて、たくさんのサルを捕獲した。
男は10ドルで数千匹のサルを買い取ったが、サルの数が減り、
男のもとにやってくる村人もいなくなった。
男は一匹20ドルに値を上げると村人はさらに奥の森にでかけ、
さらにたくさんのサルを捕獲してきた。まもなく奥地にもサルがいなくなり
村人たちは自分たちの野良仕事に戻って行った。そこで男はサルを一匹
50ドルで買い上げると宣言した。ただ自分はビジネスのために一度町に
戻らなければならない、自分がいない間は助手が買い付けると村人に告げた。
男がいなくなると助手は村人に言った。
「この檻の中のたくさんのサルをごらん。私はこのサルをあんたがたに35ドルで
売ってあげるから、彼が町から戻ってきたら彼に50ドルで売ればいいよ」
村人たちは蓄えをはたいて全部のサルを買った。
その後、男と助手の行方は杳として知れない。

2018/02/11 07:11
若いカップルが引っ越しをした。
翌朝二人が朝食をとっているとき、妻は隣人が外で
洗濯物を干しているのを見た。
「洗濯物があんまりきれいじゃないわね。きちんとした
洗濯方法を知らないか、石鹸が問題ね」
夫も見たが何も言わなかった。
その後も隣人が洗濯物を干すと決まって妻は同じことを言った。
1ヶ月くらいたって妻はとてもきれいに洗濯されて
吊るされているのを見て驚き、夫に言った。
「見てよ。ちゃんと洗濯できるようになったわ。誰かが教えたのかしら?」
夫はにっこりして、

「今朝早く起きてウチの窓をきれいにしたんだ」

2018/02/09 07:11
俳優のトニー・ランドールがかってこう言ったことがある。
ボクがマディソン・アベニューを歩いていると、あるショップで
かっこいいネクタイを見つけた。
店に入ったとたんに店長が、言うんだ。
「おおトニー・ランドールさんじゃありませんか、ちょっと待ってください、
妻が大ファンなんで電話をしてやります。でも信じてくれないだろうなあ」
彼は妻に電話をかけ、ボクに頼んだ。
「妻に、やあとかなんとか話しかけてくれませんか?」
彼があまりにおだてるもんでボクはネクタイとシャツを6枚も買うはめになった。
現金が不足したので小切手でいいかいと聞くと彼は、

「何か証明するものはお持ちですか?」

2018/02/05 07:11
オスカー・レバントがコンサートでピアノを弾いているとき舞台裏で
電話の音が鳴り響いた。
レバントは演奏を続けたが、ベルは鳴り続け聴衆は落ち着かなくなった。
レバントはなおも弾き続け、聴衆に目をやって言った。

「その電話、ボクにだったら、いま手が離せないって伝えてくれないか」

2018/02/02 07:11
ワイエス「なあヘルガ。秘密にしてきた君をモデルにした絵を
発表したいんだが。絵の存在は妻のベッツィーも知らないんだ」
ヘルガ「生きているうちは発表しないという約束だったじゃないの」
ワイエス「『クリスティーナの世界』を発表してから世間に
インパクトを与える作品が描けてないからなあ」
ヘルガ「でも隠していた絵のなかには私のヌードが何点もあるわ。
夫になんて説明したらいいの?」
ワイエス「この横向きの君の肖像画は刃のように鋭く美しく魅力的だ」
ヘルガ「分かったわ。だったらお願いがあるの。この肖像のタイトルを
『blaid(刃)』にしてくれる?」
ワイエス「分かった。そうするよ『braids(編んだ髪)』だな」

2018/01/31 07:11
男が国税局に呼び出されることになり、税理士にどんな服装で
出頭すればいいかと、相談した。
「みすぼらしい恰好がいいですよ。金がないと思わせなきゃ」と税理士。
男が弁護士に相談するとまったく正反対のアドバイス。
「なめられてはいけません。キチっとした服装で」
困った男は母親に事のなり行きを話すと母親は笑って、

「そんなの簡単よ。初夜の花嫁とおんなじよ。つつましやかなネグリジェを着ようと
セクシーなネグリジェを着ようと結局はやられちゃうんだから」

2018/01/30 07:11
英国人の紳士が死んで地獄に行くと死んだ執事にばったり出会った。
「ご主人さま。あなたのような方がなんでまた地獄なんかに?」
主人はため息をつき言った。
「私は嘘をついたし、人をだました。おまけにプレイボーイの息子が
こさえた借金の穴埋めのために泥棒までしたんだ。でもお前は忠実で
立派な執事だった。なんでこんなところに?」
執事は答えた。

「そのプレイボーイの父親としての責任を果たすためです」

2018/01/29 07:11
人生であったらいいなと思うこと、
映画みたいに人生のいろんな場面でバックグラウンド・ミュージックがあったらいいな。

2018/01/26 07:11
夫が医者に診てもらうために診療所に着いたとき、ドアは
まだ閉まっていて、二人が外で待っていた。二人のうちの
一人は夫の知り合いだったので話し始めた。
5分くらいたってから、受付嬢が駐車場にクルマを入れてから
小走りにやってきて、遅くなったことを詫びた。
夫は知り合いに向かって言った。
「あなたが一番目でしょ?」
「ええ」と知り合いが答えた。
夫が、「ボクは三番目です」と言うと、二番目の男性が答えた。

「あなたは二番目ですよ。私はドクターです」

2018/01/24 07:11
子供たちが思った大学に入れなかったとき、両親は非常に取り乱すことがあります。
私が州立大学の入学カウンセラーをやっているとき、娘がなぜ入学できなかったのかと、
怒って電話をかけてきた母親がいました。
私は「D(不可)」でいっぱいのその子の成績表には触れないで、
「娘さんはもうひと頑張りできなかったようですね。とりあえず別の学校に行き、
それから受けなおすってのはどうでしょうか」と言うと、その母親は叫びました。

「別の学校? あなたは娘の成績表をみましたか?」

2018/01/23 07:11
友人TODOさんの投稿ジョークです。いつもありがとう。

相撲1」
横綱昇進を目前に控えたある大関が
1月場所前に初詣へ行き全勝優勝を祈願した。
帰ってきたら...
親方「おまえ、どこへ行ってたんだ。」
大関「神社へ全勝優勝祈願へ」
親方「ああ..。ダメだ」
大関「えっ、なんでですか?」
親方「もうすでに神社で参拝(三敗)している」

「相撲2」
実は横綱白鵬は酒に弱い。
飲むと頭痛がしたり嘔吐したりするらしい。
ある人に訊かれた。
「飲むのと、吐くのとどちらが辛いですか?」
「吐くほう(白鵬)だ」と。

「相撲3」
新弟子の頃、白鵬が稽古場を掃除するとき、
先輩から、濡れ雑巾とほうきを選ぶように言われた。
ほうきを持って、
「掃くほう」と。

2018/01/21 07:11
検事「あなたはその人を殺しましたか?」
被告「いいえ」
検事「あなたは偽証罪を知ってますか?」

被告「ええ。殺人罪より軽いこともね」

2018/01/20 07:11
我が家のガレージセールに結婚祝いにもらった鏡を出すことにしました。
鏡のメタルフレームがけばけばしい青緑で、飾れるような部屋がなかったのです。
セールを始めるとすぐに、男がその鏡を1ドルで購入しました。
「これは安い」男は興奮して言いました。「しかもまだプラスチックのカバーがついている!」
男がフレームを保護していた青緑のプラスチックを外すと、見事な金色のフレームが現れました。

2018/01/17 07:11
サンデル「みなさん、きょうは来てくれてありがとう」
聴衆(大拍手)
サンデル「今日のテーマはブレーキのきかない列車が・・・」
聴衆A「それは前にやりました」
サンデル「ああそうか。じゃあ遭難船で全員が死を待つより・・・」
聴衆B「それも前にやりました」
サンデル「そうだった。じゃあ、フルートの問題にしよう。フルートを人々に
配ると仮定します。最上級のフルートは誰が手にすべきでしょう。
はい、そこのあなた、どうぞ」
「ええとフルートはもちろん私にです。強いものが手に入れるべきです。
張り手、勝ちあげ、ダメ押しで相手をやっつけます」
サンデル「なるほど。君の名前は?」
「・・・」
サンデル「次、手を挙げているその女性」
「フルートは私にくれるべきでしょう。待機児童を減らす運動に寄付します。
ある区では待機児童が千を超えています。私もいっせんを越えてしまいました。
フルートくれなきゃサンデルさん、死ね!」
サンデル「なるほど。君の名前は?」
「・・・」

2018/01/13 07:11
私は新しい家を買う時だと決め、不動産業者に自分の家を
売却する相談をした。
業者はこの家について広告を作成した。
私の妻が広告を読んだ後、業者に尋ねた。
「私の家ってほんとに広告通りなんですか?」
「ええ、そうですよ」
「家を売らないことにしました。それこそ私が探し求めている家ですもの」

2018/01/10 07:11
フレッドはケチで安物買いをすることで知られていた。
ある日フレッドは姪の結婚祝いに何か安いプレゼントを探すためにリサイクルショップに寄った。
店内を歩き回っていると、コーナーに非常に高価そうなクリスタルの花瓶を見つけたが、
それは3つに割れていた。店主と交渉の末5ドルで割れた花瓶を買うことができた。フレッドは
もう5ドルを店主に渡し、お祝いの言葉とともに、ギフト包装してもらい姪に送ってもらうことにした。
数日後、フレッドは姪に電話をし、プレゼントは着いたかと尋ねた。
「ええ。でもフレッドおじさん、配達されたとき3つに割れていたの」
「なんていうことだ!最近の配達は雑に扱うからね」

「う~ん、でもね、3つともきれいに別々に包装されてたのよ」

2018/01/08 07:11
<相談>
「義母のことで相談をお願いします。匿名をお許しください。
義母に困っています。聞かれもしないのになんにでも口を出しおせっかいをやきます。
義母は妻と仲がいいのでしょっちゅう我が家に顔を出し、私をないがしろにします。
それが原因で私と妻の仲も険悪になってきています。どうしたらよいでしょうか?」

<回答> 
「事故にみせかけなさい・・・」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる