2018/05/11 07:11
ある夜、父親は息子がお祈りしているのを聞いた。
「神様、ボクを父さんのような立派な男になれるようにしてください」
その夜、父親は神に祈った。

「神様、私を息子が考えているような男にしてください」

2018/05/07 07:11
ある温泉施設での話。
受付でロッカーの鍵を手渡されたので男の子の孫と2人で裸になって、
いやに小さいロッカーに服を詰め込んでいたら、係の方が来られて、
「お客さん、ここで何をしているの?」
「服を入れてるんですけど、このロッカー狭いですね」と嫌みを言うと、
「そこは靴箱ですよ」
「……」
(兵庫県稲美町 けんじ)

2018/04/22 07:11
年配の女性が友人に電話をした。
「娘の夫が医者にあと3か月しか生きられない、と宣告されたのよ」
「まあそれはお気の毒に」
「わからないのは、あんなに私を嫌っていたのに最後の日々を私と
過ごしたいって言うのよ。なぜかしら?」

2018/04/10 07:11
近所の医院で91歳と87歳の夫婦が息子に付き添われて健診を受けていた。
「ご飯を食べるのは早い方ですか」と、息子が問診票を読み上げる。
「お父さんは早過ぎる」と妻が答えると、夫が「まわりが遅すぎる」と切り返す。
「次。自分が誰かの役に立っていると思いますか?」 
「いいえ」。夫婦で声を合わせていた。
(京都府長岡京市・十分和ませてもらった・54歳)

2018/04/09 07:11
母は私に水泳を教えることにした。
二人は近くの湖に行き、母は湖面にボートを浮かべた。
母は岸から少し離れたところまでボートを漕いで私を船外に放り投げた。
私はなんとか岸に泳ぎ着いた。
母はさらに遠くまで漕いでまた私を船外に放り投げた。
私はまたなんとか岸に泳ぎ着いた。
母は今度は湖の最深部まで連れて行き、また私を放り投げた。
今度もまた私はなんとか岸に泳ぎ着いた。
これが、私が水泳を覚えた方法だった。
泳ぐのを覚えることはなんでもなかった。

ただ、麻袋から脱出するのが・・・。

2018/04/04 07:11
5歳の孫が言いました。
「ぼく、ばあばの子供にうまれても良かったよ」
「あ~ら~、そうするとあなたはママの弟ですね」
堪えられないという顔で、

「ちがいます、おにいさんです、うぷぷぷぷ」

2018/04/02 07:11
子供部屋で、中学生と幼稚園の娘が2人で何やら投げ合って、はしゃいでいる。
「キャー、きたない!」「顔に当たったやんかー、もうサイテー、キャー、ギャ、ハハハハハ・・・」
とても楽しそうな笑い声が聞こえてくるので部屋をのぞいてみた。
投げ合っていたのは夫のお気に入りのトランクスだった・・・。
(大阪市天王寺区 ひろっちゃん )

2018/03/30 07:11
二度目の結婚をした妻が二度目の結婚をした夫に向って、

「大変よ!私の子供とあなたの子供が私たちの子供をぶってるの」

2018/03/28 07:11
ジョンはディズニー・ワールドで生後4か月の娘モリーを抱き、
隣に4歳のデレクを座らせていた。
正面には赤ん坊を抱いた婦人が座っていた。
「おいくつです?」ジョンは彼女に尋ねた。
彼女が答える前にデレクが大きな声で言った。

「ボクたちの赤ちゃんの方がおばちゃんのより可愛いね」

2018/03/26 07:11
6歳の息子スーパー銭湯が気に入って行きたがります。
先日も行きたいと言い出したのですが
2歳の弟がまだお昼寝をしていなかったので
「車に乗せるとすぐに寝ちゃうと思うよ。 起こすとぐずってたいへんだからね」
でも「行きたい行きたい」と言うので
眠ってしまったらユーターンだよ、と言い聞かせて出発しました。
車に乗り込んだ長男6歳、すぐに大声で歌を歌い始めました。
♪大きな栗の木の下で~♪あんぱんまん♪幼稚園の歌
あとからあとから何十曲と出てきます。
2歳の弟も歌えるABCの歌など選曲も素晴らしいです。
声を張り上げて歌い続けて20分、銭湯に着きました。
大声の歌のおかげで4歳と2歳の弟がニコニコとご機嫌でした。
銭湯の靴箱に靴を入れて・・・
あらら、長男がへたり込んでしまいました。

「ぼく、もうだめ、疲れちゃった、帰りたい」

2018/03/24 07:11
勤め先の忘年会の後、娘(26)が車で迎えに来てくれたので、
同僚を送っていった。
翌日、その同僚が「可愛い娘さんですね」と言う。
社交辞令と思いつつも内心喜んでいたら、
「お父さん似ですか?」
(静岡県三島市・私だって娘にそっくりだ!?・51歳)

2018/03/23 07:11
山のように年賀状を書いていた妻がふと手を休めて言うには、
「私、ムカデ大嫌いだけど、この時期になったらいつも思うわよ。
私ムカデだったらなあって。一度に100枚書けるのに」

2018/03/14 07:11
おばあちゃんになるということが選択できるのなら、
是非おばあちゃんになりなさい。
年寄りにとってこれほど楽しいことは他にないですから。

2018/03/13 07:11
ある日全人類が滅亡するという大惨事が地球を襲った。
天国への門の前で大勢の人が並んでいると神がやってきて言った。
「すべての女性たちは聖ピーターに従って行ってほしい。男性は
二列に並んで、一列目は妻を支配してきた男性が、二列目は妻の
いいなりになってきた男性が並ぶこと」
女性たちはいなくなり、男性たちは二列に分かれた。
妻のいいなりになってきた男性の列は1000マイルの長さになり、
妻を支配してきた男性の列には一人の男性がいるだけだった。
神は怒った。「お前たちは恥ずかしくないのか。私がお前たちを
創造したやったのに女性たちのいいなりになったりして! あの一人の
誇らしく立っている姿を見よ。彼を見習いなさい」
神はその一人の男に向かって尋ねた。
「さあ息子よ、どうやってその列に立つことができたのか教えてくれ」
男は答えた。

「分かりません。ここに立っているように妻に言われたので・・・」

2018/03/10 07:11
子供が欲しかったので私は毎日体温を測っていた。
ところが3か月も高温期が続いて不思議に思っていると、
夫がコーヒーを体温計で攪拌しているのを見つけた。

2018/03/06 07:11
結婚が長続きするコツは・・・と、尋ねられた男の答えていわく、
「週二回はレストランに行くことです。小さなローソクの灯、ディナー、
静かな音楽とダンス。妻は火曜日に行き、私は金曜日に行くんです」

2018/03/03 07:11
男がリラックスしてTVを見ていると、キッチンから妻の声が聞こえた。
「夕食は何にする? チキン、牛肉、子羊肉?」
「ありがとう。じゃあチキンを頼む」
「あなたはピーナツバターサンドよ。私ワンちゃんに話しかけてたの」

男も負けていない、
男がオウムを抱えて自分の家に入ると、妻が立っていた。
「これがいつも言ってるいやらしいブタなんだ」
妻が「それオウムじゃないの」と言うと、男は、
「キミに話しかけたんじゃないんだ」

2018/02/22 07:11
野田「ソーリー。次は私が総理よ」
小泉「…………」
福田「…………」
麻生「…………」
安倍「クスッ」

>アベのみクス<

2018/02/12 07:11
夫が帰宅すると妻が泣いている。
「お義母さんに侮辱されたの」
「母さんに? 電話で?」
「いいえ、きょうあなた宛ての手紙を開けたの」
「そうか。で侮辱って?」
「追伸に、『米子さん、この手紙、正雄さんに渡してね』って書いてあったの」

2018/02/04 07:11
女性が、夫が失踪したと警察に届けでた。
警官は夫の写真を見ながら彼女に尋ねた。
「もしご主人が見つかったら何か伝えることがありますか?」

「ええ.。結局ママは来ないことになったと、伝えてください」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる