2019/01/02 07:11
夫婦がスーパーで買い物をしていた。
夫がビールのケースをカートに入れた。
「どういうつもりなの?」と妻が聞いた。
「24個でたったの10ドルだぜ」
「それ返してきてよ。ムダ使いは良くないわ」
しばらくして妻が20ドルの美顔クリームをカートに入れた。
「それはなんだよ?」と夫が聞いた。
「美顔クリームよ。私をきれいに見せられるの」
「きれいに見せるためなら、さっきのビールなら半額で済むのに」

夫の葬儀は日曜の午前11時から営まれる。

2018/12/21 07:11
外科手術が終わって看護婦が患者を部屋に連れ戻した。
患者は麻酔の影響でまだぼんやりしていた。
部屋には患者の妻が待っていて、「夫はどうですの?」と尋ねた。
看護婦が「ぼんやりしています」と答えると妻が言った。

「それはわかってます。体の具合はどうですの?」

2018/12/14 07:11
ウェイターだった夫が亡くなって半年ほどたってから、妻はあの世の夫
と話させるという霊媒師を訪れた。
交霊中に妻はウェイターの恰好をした夫が部屋の隅に立っているのを見た。
「アーノルド!」彼女は叫んだ。「もっとこっちに来て話して!」
部屋の隅からぼんやりした声が返ってきた。

「ダメなんだ。そこ、僕のテーブルじゃないから」

2018/12/13 07:11
ディズニーランドを去るとき娘は、
「ミニー、さよなら」と手を振った。
息子は「ミッキー、さよなら」と手を振った。
私も手を振って言った。
「マネー(お金)、さよなら」

2018/12/11 07:11
夫は聡明で有能なのに簡単な家事は全くこなせない人でした。
ある日、私はいらついて、友人のベティ夫婦を引き合いに出しました。
「ベティはね。ご主人のフランクに料理や縫物や洗たくを教えたのよ。
もしベティになにかあってもフランクは自分でやっていけるわよ」
私は夫に訊きました。
「もし私になにかあったら、あなた、どうするの?」
いろいろ考えてから夫は明るく答えた。

「そのときはフランクの家に行くことにするよ」

2018/12/10 07:11
鏡をみながら「目を大きくすると結構美人になると思う。
美容形成手術を受けようかな」と、冗談半分で夫(31)に聞いた。
すると「何アホなこと言うてるねん」と返ってきた。
今のままでいいんだと喜んでいると、
さらにひと言。「目だけでいいわけないやろ」
(兵庫県西宮市・あなたの口も治したい・31歳)

2018/12/04 07:11
娘が小学1年だったころのこと。
字の練習も兼ねて日記を書かせていた。
最初は何を書いていいかわからない様子だったが、
そのうち自分で考えて書くようになって安心していた。
ある日、日記をのぞいてみると、
「きょうは、にっきをかいて、いやだった」と書いていた。
(東京都世田谷区・大変よくできました?・48歳)

2018/12/01 07:11
スーパーへの買い物を頼んだ夫が帰ってきた。
「満室だったので帰ってきた・・・」
(満車だろう!!!)
学校から帰った息子が友人と電話で喋っている。
「アバター見たよ。3Pのやつ」
(もう。それを言うなら3Dだろ!)

2018/11/29 07:11
寝ころんでテレビを見ている母に、
父が「綾小路きみまろが、『青森に行かなくても寝ブタが見られる』と言ってたぞ」
すると母は父の頭に目を向けて「生ハゲ!」と逆襲。
わが家ではいながらにして東北2大イベントが楽しめる。
(神奈川県・綾小路狭子)

2018/11/26 07:11
ある女性が15人目の分娩のため病院に入った。
「おめでとう。でもしんどいわね、毎年毎年」とナースが言った。
女性はそれに答えて、

「全然。毎年、これだけが私の休暇なの」

2018/11/24 07:11
ひん死の妻が夫のロバートに言った。
「最後のお願いがあるの。せめて葬儀の時は仲良く母と同じクルマに乗ってほしいの。
約束してね」

「分かったよ。でもそうすると、最低の一日になるわけだな」

2018/11/23 07:11
父が証明写真を撮りにいった。
カメラマンに「首を右に曲げて、あご引いて」と注意され、最後に「歯出てますよ」
(札幌市・とってもかわいそうだった父・18歳)

2018/11/20 07:11
夫の母の運転する車に乗った三歳の息子が、もたつく前の車に向かって、
「おっさん、はよいけ!」と叫んだという。
「パパはいかんなあ、そんなこと言って」と話す義母。
私の口癖だとは言えなかった。
(岡山県奥津町・パパのせいにしてごめんね・30歳)

2018/11/18 07:11
ある女性がコンビニに来て、トイレットペーパーを一時間もあれでもない、
これでもないと買うのを迷っていた。
いらいらした店員が助言して、

「緑のがいいんじゃないですか。茶色が映えると思います」

2018/11/11 07:11
ど田舎の実家にいた時の話なんだけど、酔った父親が途中で
迷い犬保護して帰ってきた。
耳のとこのフサフサした飾り毛とか半端に巻いた尻尾とか、
こうやって人懐っこいとこなんかうちの犬そっくりだろお~って、
迷い犬を撫でまわしながら父親が嬉しそうに言って たけど、
お父さんそれどう見てもうちの犬です。

2018/11/05 07:11
ガソリン・スタンドで給油をしたあと、私の兄は財布を家に置き忘れたことに気がつきました。
兄はスタンドの店員に事情を話して家に財布を取りに戻ることにし、クルマに乗っていた妻に
降りてここで待っているように指示しました。兄は15分ほどで戻ってきて料金を払いました。
妻が「なぜ私を置いて行ったの?」と尋ねると、兄は、

「店員に何か担保をと言われたんだ」

2018/11/01 07:11
私の娘は、予定日を過ぎたのに赤ちゃんが生まれないので、
その夫ともども退屈し切っていました。
それで、娘と夫は映画を見に行くことにしました。
娘が座席を確保しているあいだに、夫はロビーにポップコーンと
飲み物を買いに行きました。
金を払おうとしたときにソーダ水をひっくり返してしまい、足を濡らしながら
席に戻ってきました。席に座る前に娘の隣の女性の足を踏んでしまい、
謝るときにポップコーンをばらまいてしまいました。
隣の女性は娘のお腹を見て笑いながら言いました。

「まさかこの人に赤ちゃんを抱かせるつもりはないでしょうね?」

2018/10/30 07:11
ばあちゃん子な我が子は小学2年生。
先日国語のテストが帰ってきました。
見てみると、答案の文章に「すずがに」と書いてあり、
先生に「しずかに」と訂正されていました。
書き言葉まで方言丸出しです。
(山形県・ひまわり)

2018/10/26 07:11
年配の夫婦がベッドに横たわっていた。
夫が眠りに落ちようとしたとき、ロマンティックな気分になっていた妻が話しかけた。
「昔は寝るときに手を握ってくれたものよ」
夫はちょっとだけ妻の手を取り、また寝ようとした。
「いつもキスしてくれたものよ」
夫は妻のほほにキスし、また寝ようとした。
「耳を噛んでくれたこともあったわ」
夫はいらいらしながらベッドから出て部屋から出ていこうとした。
「あらどこに行くの?」

「歯を取りに行くんだ」

2018/10/25 07:11
先生「この宿題、いったいどうやったら一人の人がこんなにたくさんの誤りを犯せるのかしら?」

生徒「一人じゃありません。パパが手伝ったのです」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも一覧


フラとお菓子とフィットネスの日記(実は最近どれも縁遠くなりましたぁ)

ノストラ ヴェンデッタ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる