2017/09/07 07:11
末の息子が10歳の誕生日の前夜、ベッドに入ってもなかなか眠らない様子。
布団をかけ直してやると、息子「緊張するな~」
「どうして?」
「だってさ、明日から10代だもの」
(川崎市宮前区 コウ平のママ )

2017/09/05 07:11
ある日少年がワクチンを受けるために診療所に行った。
医者は注射をした後、少年の腕にばんそうこうを貼った。
「注射をしない方の腕に貼ったほうがいいと思うんだけど」と少年は言った。
医者は、「注射した方に貼れば、キミの友達が触ったりしないから」と言うと、
少年が、

「先生はボクの友達を知らないからね」

2017/08/17 07:11
子供にとって世界の七不思議なんてものはない。

世界は七百万の不思議に満ち満ちている。

2017/08/05 07:11
先生「山田君、元気ないね」
山田「お母さんが病院でお父さんは警察にいるの」
先生「それはお気の毒ね。お家に帰りたい?」
山田「ええ」
山田君が帰った後先生は生徒たちに尋ねた。
先生「なぜ、山田君のお母さんは病院でお父さんは警察なの?」
生徒「お母さんはナースでお父さんは警官なんです」

2017/05/27 07:11
ある日、ママは外出中で、パパが、私と2歳上の兄の面倒を見ていたの。
私は3歳で、骨折から回復したばかりだった。誰かが病気お見舞いで私に
おもちゃのティーセットをくれて、それがとてもお気に入りだった。
パパはリビングで新聞を読み、兄は何かで遊んでいた。
私が小さなカップでティーをパパに持ってきたの。ただの水だったんだけどね。
パパは、おいしいお茶だね、とほめてくれて何度かお代わりしたの。
ちょうどその時、ママが帰ってきたわ。
パパは、いいものを見せてあげるといってママに待つように言ったの。
ママが待っていると、私がパパにティーを運んできた。ママは、パパが飲み干すのを
待ってから、おもむろに口を開いた。

「こんなちっちゃな子供の手が届く『水』ってトイレのしかないって頭に浮かばないの?」

2017/02/15 07:11
中1の時、学年中の靴箱の「田中」を「油虫」にして校長室に呼ばれた。

2017/02/11 07:11
妻の2年生のクラスの女の子が泣きそうな表情をしていた。
妻は、女の子を部屋の隅に連れていって、どうしたの? とたずねた。
「新しく飼ったネコちゃんにママがアレルギーなの」
「ああ、かわいそうに」妻はなぐさめた。「で、どっかへやっちゃうの?」

「いいえ」女の子は泣き始めた。「パパはネコちゃんをどっかへやっちゃえって」

2017/02/09 07:11
パパと公園から帰ってきた三歳の息子に
「どういう風に行ったの?」と聞いたら、
「地図をかいておしえてあげるね」と言うので、
使っていないカレンダーを出してやって、私は洗濯してました。
だいぶたってから、
「紙がたりないんだけど」と言いにきました。
見に行くと・・・わっ。
一本線が書かれたカレンダーが12枚セロテープでつながって
茶の間から玄関までいってます。
「いまげんかんまでかいたところなんだよ」
ちなみに、五歳の息子が書いてくれた「歩け歩け遠足」の地図は
A4版の紙を14枚つなげて集合場所でした。
「ちいさくかけないんだよ~」と悩んでました。

2017/01/28 07:11
幼稚園の娘に、「パパとママが離婚したらどちらについて行く?」と聞いてみたら、
「経済力のある方」と即答された。私は「この子について行こう」と心に決めた。
(東京都練馬区 一笑瓶 )

2017/01/23 07:11
先生が聖書クラスで生徒に質問した。
「キリストはなぜベツレヘムで生まれたか分かる人」
一人の生徒が手を挙げて答えた。
「キリストのお母さんがそこにいたからです」

2017/01/15 07:11
その日は人生最悪の日だった。
皿洗いは壊れ、電話は鳴りっぱなし。
頭痛がする。
郵便局員が払いきれない請求書を届けてきた。
私は壊れそうになって、1歳の息子に頭をつけて泣き始めた。
息子は口からおしゃぶりをとり出して私の口に入れたのだった。

2016/12/26 07:11
5歳の息子のクリスマスの時の事。
プレゼントを全部開けてみて、明らかに失望を隠せない表情。
立って重い足取りで二階に行こうとしたので、私が「どこに行くの」と尋ねると、

「ボクの部屋へ。もらった靴下で遊ぶんだ」

2016/12/25 07:11
サンタさんへ
あなたはボクが12月の25日に手紙を書いているので驚くでしょう。
月のはじめにあなたにお手紙を書いて以来、ずっと楽しみにしていました。
自転車、電車セット、ニンテンドーのゲーム、フットボールのユニフォーム
をくれるようにお願いしました。
ボクは一生懸命勉強し、一番の成績だったよ、ウソじゃないよ。近所でも
もっともいい行いをしたし、お使いに行き、お年よりの手助けもしたよ。
だのに、なんでプレゼントがいまいましいヨーヨーやクソったれの笛や靴下なの?
もってきてくれたものが分ったとたん、ボクはあんたがいったい何を考えてんだか、
このデブのろくでなし!と思ったよ。お隣の家なんかおもちゃがいっぱいで家に
入りきらないほどだったんだよ。
来年は煙突に入ろうとして汚ならしいデブのお尻を見せたら下から突っついちゃうからね。
そんで、そんで、トナカイに石をぶっつけて逃がしちゃう。自転車をくれなかったんだから、
あんたも北極に歩いて帰るといいよ。
サンタのばか!来年はボク悪い子になるからね。

敬具

ジョニーより

2016/12/21 07:11
「ママ! サンタが来たかどうか見にいっていい?」
4歳のいたずら坊主の息子が朝の暗いうちに私にささやいた。
いいわよ、と言うと息子は階下に下りていった。
そして飛んで戻ってよろこびながら言った。

「ホラ言ったでしょ。サンタさんはボクのことなんか見てないって」

2016/12/19 07:11
「クリスマスにハーモニカをありがとう」ジョシュアは叔父さんに言った。
「いままでで一番いいものだったよ」
「そりゃあ良かった。ハーモニカ吹けるようになったかい」と叔父。
「いや吹かないんだよ。昼間吹かないとママが1ドルくれるし、
夜は吹かないと週に5ドル、パパがくれるんだ」

2016/12/18 07:11
4歳の少年がクリスマスの夕食の前に感謝のお祈りをするように求められた。
少年は祈り始めた・・・。すべてを神に感謝した。まず友だち(ひとりひとり名前をあげて)、
それから母、父、兄、姉、妹、おじいちゃん、おばあちゃん、叔父さん、叔母さん・・・。
ついで、食べ物も。七面鳥、ソース、フルーツサラダ、じゃがいも、パン、バター、飲み物・・・。
つぎに、デザート、パイ、おまけにホイップクリームにも。
それから少年は黙り込んだ。家族は待った・・・待った・・・待った。
とうとう母親が「もうひとつあるでしょ。忘れずに続けなさい」と言った。
少年は小さな声でささやくように言った。

「ブロッコリーにも」

2016/12/16 07:11
クリスマスが近づいて来て、母親が8歳の息子に、もうすぐサンタが来るわよ、
と言うと、息子はいつになくサンタのことに懐疑的でした。
「サンタさんのこと、信じてるんでしょ?」と母親が言うと、息子は少し考えてから答えた。

「うん。でもこれ、今年で最後にしようと思うんだ」

2016/12/10 07:11
小2の娘が、「サンタさんにお願いするプレゼントを決めた」と言って
おもちゃのチラシを持ってきた。 見ると、1万5千円!
「いいのを選んだでしょ? 家では、こんな高いのん買うのは大変やから
サンタさんに頼んどくねん。いい考えでしょ?」
「・・・そやね・・・」
(大阪府交野市・まりこの母 42歳)

2016/11/26 07:11
ある日、私は1年生のクラスで、「三匹の小さな子豚」を読み聞かせていた。
子豚が自分の家をつくるための材料を集める場面にきた。
「・・・そして、子豚が麦わらをいっぱい積んだ男の人のところに行って、
すみませんが家を建てるためのわらを分けてもらえませんか、と頼みました・・・」
私は、読むのをやめて生徒たちに尋ねた。「男の人は何て答えたでしょう?」
男の子が手をあげた。
「こりゃ驚いた、お前、人間の言葉を話せるのか?」

私は、笑いすぎて10分間は授業を続けられなかった。

2016/08/05 07:11
小学校の個人面談の日。
小1の娘に「今日、先生と会ってお話ししてくるから。この機会に
聞いてみたいことあれば、ママが言ってあげるよ」と尋ねると、
しばらく悩んで思いついた。「好きなどうぶつはなんですか?」
(北九州市・ちなみに小型犬だそうです・41歳)

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる