2017/07/12 07:11
若いカップルは結婚することにした。
ふたりには互いに言えない悩みがあり、式が近づくにつれて、心配になった。
未来の花婿の方は不安になったので父親に相談した。
「父さん、ボク結婚がうまくいくかどうか心配なんだ」
「彼女を愛してるんだろ?」
「ああ、それはとても。でもね、ボクとても足が臭いだろ。彼女に嫌われるかも」
「問題ないよ。しょっちゅう足を洗って、ベッドのなかでもソックスをはいてればいいんだよ」
彼はなんとかやれそうな気がした。
未来の花嫁も、心配事が気になって母親に相談することにした。
「母さん、私、朝起きると口がすごく臭うの」
「誰だって朝は口が臭うものなのよ」
「わかってないのね。朝の私の口の臭さは最悪なの。きっと彼は私と同じ部屋で寝てくれないわ」
「朝すぐ起きて、キッチンにいき、朝食を作るの。そして洗面所で歯を磨くの。大事なことは歯を
磨くまでは一言も口をきいちゃいけないってこと」
「『おはよう』も言っちゃいけないの?」
「ええ、一言もね」
彼女はやってみる価値がありそうだと感じた。
愛し合うふたりは結婚し、アドバイス通りに、彼はソックスをはき、彼女は朝の沈黙を守り、
半年くらいはお互いにうまくやってきた。
ところがある朝、夜明け前に彼が目覚めると、片方のソックスが脱げているのに気がついた。
大変なことになったと思いながら、彼は必死にベッドのなかを探した。当然、彼女は眼を覚ま
し、「一体、何してるのよ」と思わず口をきいてしまった。

「なんてこった」と彼は言った。「キミ、ボクのソックスを飲み込んだね」

2017/07/06 07:11
初めてのデートを終えて、少年は彼女を家に送って行った。
夜の闇にまぎれて、少年はファースト・キスをしようと決めた。
自信ありげに、壁にもたれて微笑んで彼女に言った。
「お休みのキスは?」
「バカね。私の両親が見てるかも」
「こんな時間に誰が見ているもんか」
「イヤ。誰かに見られているわよ」
「誰も見てやしないよ。みんな寝てるさ」
「ダメ。危険すぎるわ」
「キミが好きなんだ」
「私だって好きだけど、今はイヤ」
そのとき、突然電灯がパっとつき、彼女の姉がパジャマ姿で、
頭ボサボサであらわれ、眠そうな声で言った。
「パパが言ってるわよ。彼に早くキスしてやれって。イヤなら私が
キスしろって。必要ならパパがキスしてもいいって。だから
お願いだから彼に頼んで背中でインターフォンを押しっぱなしに
するのはやめてくれないかって」

2017/07/02 07:11
<ニックネーム>

グロリアとスザンヌとデブラとミッシェルがランチに出かけると、
お互いに「グロリア」「スザンヌ」「デブラ」「ミッシェル」と呼び合う。
でもマイクとフィルとロブとジャックが出かけると、互いに「デブ」「ゴジラ」
「ピーナツ頭」「ヘボ」と呼び合う。

<食事>

勘定書きがくると、マイクとフィルとロブとジャックは合計額が32.5ドルであっても、
それぞれが10ドルずつ出して釣りはもらわない。
勘定書きがくると、グロリアとスザンヌとデブラとミッシェルたちは各々が電卓を出す。

<洗面所>

男は洗面所に5つのアイテムを持っている。歯ブラシ、シェービング・クリーム、ひげそり、
せっけん、どこかのホテルのタオル。
女は洗面所に平均337個のアイテムを持っている。それが何だかを男は知らない。

<自分の子供>

女は子供についてすべてを知っている。歯科の予約、サッカーの試合、異性、
友達、好きな食べ物、不安、希望、夢・・・。
男は自分の家に背の小さな人が同居している、とぼんやり気づく程度である。

2017/06/14 07:11
妻「なぜあなたの友人に言ってあげないの?今度結婚する女、どうしようもないわよ」
夫「ほっといてやれよ。言うつもりはないよ」
妻「なぜなの、友達じゃないの」
夫「オレが結婚するときヤツは何も言ってくれなかったもの」

2017/06/06 07:11
男が真夜中に出張から帰る途中、空港からのタクシーの中で、運転手に話しかけた。
「じつは、妻が浮気をしてるようなんだ。現場をおさえるから、キミ、証人になってくれないか」
運転手はしぶしぶ同意した。
ふたりはこっそりと寝室に入り、あかりをつけた。そして掛け布団をはぐと、妻は見知らぬ男と
寝ていた。夫は銃を取り出し、男の頭にあてた。妻は大声で叫んだ。
「撃たないで! この人は気前のいい人なのよ。あなたに私が買ってあげたコルベットや新型の
ボートのお金は誰が出したと思うの?」
夫はかたわらの運転手に訊いた。
「こんな場合キミならどうする?」
運転手はにっこりして答えた。

「彼が風邪をひくまえに掛け布団をかけてやります」

2017/05/15 07:11
私は四年間の別居の後、妻と友好的に離婚した。
いい出会いを求めてネットの出会いサイトに繋ぎ、
年齢や趣味があいそうな女性を三人リストアップし印刷した。
二日後私の留守電に元妻の声が入っていた。
「借りたいものがあってあなたの家に寄ったの。
テーブルの上の出会いのリスト見たわよ。
上から二番目の女性に電話しないでね、それ私だから」

2017/04/14 07:11
「ショッピング」

男は、必要なものを1ドルの商品価値のものに対して2ドルを支払う。
女は、必要でないものを2ドルの商品価値のものに対して1ドルを支払う。

「未来」

女は、夫を持つまで未来について悩む。
男は、妻をもらうまで決して未来について悩まない。

「成功」

成功した男とは、妻が使うより多くのお金を稼ぐ人である。
成功した女とは、そのような男性を見つける人である。

「幸福」

男と幸せになるためには、たくさん彼を理解し、ちょっと彼を愛さなければならない。
女と幸せになるためには、たくさん彼女を愛し、全く彼女を理解しないこと。

「長寿」

既婚男性は独身男性より長生きできるが、既婚男性は、いつでも喜んで死ねる。

「変わる」

女性は、男が変わってくれるだろうと思って結婚するが、男は変らない。
男性は、女が変わらないでくれるだろうと思って結婚するが、彼女は変ってしまう。

2017/03/29 07:11
「デート」

6週 キミが好きだ、好きだ、好きだ。
6ヶ月 もちろん、キミが好きだよ。
6年 何言ってんの。もしボクがキミが好きじゃないんなら、ボクがキミにプロポーズするわけないでしょ?

「帰宅」

6週 ただいま、今帰ったよ、ハニー。
6ヶ月 帰ったよ。
6年 帰ったよ、ワンちゃん。

「贈り物」

6週 ハニー、この指輪気に入ってくれるかい?
6ヶ月 絵をかってきたよ、リビング用に。
6年 はい、お金。これで何か買ったら。

「食事」

6週 こんなうまいものがあるなんて。
6ヶ月 今食べてる、これ何?
6年 またこれ!

「義母」

6週 キミのママはボクのママでもあるんだよ。
6ヶ月 えっ、お義母さん1週間も泊まるの?
6年 そりゃ、キミのママも大事だよ。でもしばらくマイクと釣りもしてないんだよ。

2016/12/29 07:11
ある若い男が魅力的な女性に恋をした。
男は結婚したい、と何度かプロポーズをしたがその都度断られた。
男は作戦をたて、近所の花屋に話をつけ、毎日彼女にバラの花一本を届けさせた。
そのせいかどうか、彼女は結婚を決意した、花屋と。

2016/11/23 07:11
敵と一緒に寝るという戦争がただひとつだけある。・・・結婚である。

2016/11/21 07:11
レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説「プレイバック」で、
私立探偵マーロウに恋心を抱いた女が、「もうあなたには会わないわ。
会いたくないわ。しじゅう会えるんじゃなければ、全然会わない方がいいわ」という
言葉を吐きます。
1000年前の日本でも清少納言が「枕草子(97段)」に,
「愛されるなら一番目じゃなければ、憎まれた方がいい。2番目、
3番目なら死んだ方がまし」などと書いてますね。

2016/11/03 07:11
情熱的なハネムーンの3日目になって、ようやく若いカップルは食事するために
ホテルのレストランにやってきた。彼らが坐るとウェイターが注文をとりに来た。
新婚の夫はメニューを見ながら花嫁に、
「知ってる?ボクが本当に好きなものを」と言うと、彼女は顔を赤らめて、

「ええ。でも私たちもたまには食べなきゃ」

2016/10/22 07:11
昨日、ボクはバーで女性と会った。
57歳にしては魅力的な女性で、ボクらはしたたかに酔い、喋った。
彼女はボクに、母と娘の3Pプレイをしたことがあるか、と尋ねた。
ボクは驚いて、ないと答えた。
彼女は「それじゃあ、あんたにとってラッキーな夜になるわよ。家に来ない?」と誘った。
彼女は、家に着いて、ライトをつけると、二階に呼びかけた。

「お母さん、まだ起きてる?」

2016/10/02 07:11
結婚間近の女性が友達に相談していた。
女性「私たち結婚するんだけど、住む家が見つからないの」
友人「しばらく彼のご両親の家に住まわせてもらえばいいじゃない」
女性「それがだめなの。ご両親も自分の親の家に同居しているの」

2016/09/26 07:11
夫「実はキミに隠していた秘密があるんだ」
妻「私もあなたに隠していたことがあるの」
夫「ボクから言うよ」
妻「いえ、私から言うわ。5年前あなたの弟と関係をもったの」
夫「・・・」
妻「今度はあなたの番よ、どんな秘密?」

夫「古いコインを集めてるんだ」

2016/09/13 07:11
「説明してくれませんか?」検事が被告に言った。「朝早く仕事から帰ってくると、
奥さんが見知らぬ男と寝てたんですね」
「そうです」と被告。
「それで、拳銃で奥さんを撃ち殺したというわけですね」
「そうです」と被告。
「なぜ、男を撃たないで奥さんを撃ったのですか?」と検事が訊くと、
被告は答えた。

「毎日違う男を撃つより簡単だったからです」

2016/08/08 07:11
結婚希望のカップルが、私が働くバージニアの郡庁舎に来た。
しかし、ふたりは誤って狩猟許可証が得られる窓口に歩いて行った。
「私達は州外から来ました。許可証をもらえますか?」と未来の新郎は言った。
事務員はそれに対して、

「いいえ、でも、3日間限定の許可証ならお出しできます」

2016/07/02 07:11
25年の結婚生活をおくった夫婦がカウンセリングを受けた。
問題は何かと聞かれると、妻は、25年間に積もった夫への不満を次から次へと述べた。
夫からの無視、性生活の欠如、空疎さ、寂しさ、愛の欠如など。
セラピストは、十分に話させた後、立ち上がると、彼女を抱きしめた。
女性は何も言えないで、ぼお~っとしたたま坐った。
セラピストは夫に向き直って言った。
「奥さんには週に7回、これが必要なんです。いかがですか?」
夫はしばらく考えたすえ答えた。
「そうですね、先生。月曜と水曜には私がここに送ってこられますが、他の日には
バスでひとりでもいいですか?」

2016/06/29 07:11
「奥さんの欠点をあげつらうのはやめなさい。奥さんが完璧だったら
あなたよりいい人と結婚してるでしょうから」

2016/06/20 07:11
新婚家庭を夫の母親が突然訪ねた。
ドアベルを鳴らして家に入ると、新妻がドアのそばで裸で立っていた。
「何をしているの?」と義母が尋ねた。
「夫が仕事から帰ってくるのを待ってるんです」
「なぜ裸なの?」
「これ、私の愛のドレスなんです」
「『愛のドレス』? だってあなた何も着てないじゃないの!」
「でも夫はこのドレス、喜ぶんです。このドレスで夫は幸せになれるし
私も幸せになれます。もうすぐ夫が帰ってくるので、ふたりきりにさせてくれると
嬉しいんですが」
ロマンティックなムードになって義母はその家を辞した。
家に帰る途中義母は「愛のドレス」について考え、あることを思いついた。
裸になってシャワーを浴び極上の香水をつけてドアのそばで夫の帰りを待った。
夫がトラックを駐車させて玄関のドアを開けると、妻が裸でドアのそばに立っているのを見た。
「いったい、何をしているんだね?」
「これは私の愛のドレスよ」

「そうか。まずアイロンがけが必要のようだね」

プロフィール

エリアンダー

Author:エリアンダー
世界のジョークとちょっといい話

Oh Lord, give me patience, and GIVE IT TO ME NOW!

「神よ私に忍耐力をお与えください。今すぐ欲しいのです!」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる